穴場の物件|家を買うなら再建築不可に注目してみよう

京都に分譲住宅を買うなら

部屋

電車通勤なら路線の近くを

京都の宇治市は言わずと知れた宇治茶が有名で、学校では蛇口をひねると宇治茶が出てくる事でも知られています。宇治市は京都の南部になりますが、農地と住宅地が多いですから宅地造成で分譲住宅も多く建っているので、家の購入を考えているのなら不動産情報誌などを調べてみると良いでしょう。宇治市から京都や大阪に通勤するという場合には電車の路線に近い場所に不動産を購入するのがお勧めで、路線は宇治市の西側に集まっていますからその辺りなら通勤には不自由することもないでしょう。車での移動を基本にしているという家族なら、特に場所にこだわる必要はあまりないでしょう。分譲住宅の良さは家や立地を見てから購入出来る事ですから、家ばかりではなく買物や病院や学校など生活に必要な周辺の環境も調べておくのが良いでしょう。分譲でもまだ家が建っていないうちに不動産売買契約をする場合もありますが、図面や仕様書などを見たり、既に建っている同じタイプの家があればそこを見せて貰うようにするのが良いでしょう。また、契約した家が建築着工したら工事中でも見に行くようにするのがお勧めです。まだ着工前ならある程度の変更も可能な場合がありますが、間取りなどの大きな変更などは出来ません。不動産購入の流れとしては申し込みをしたら住宅ローンの仮審査に入り、仮審査に通ったら手付金を払って本契約となります。その後住宅ローンの本審査を経て、融資が実行されたら手付金を引いた残金の支払いをして引き渡しとなります。